保育所と待機児童の問題を解説
保育所と待機児童
保育所の待機児童増加
保育所と保育士の不足
リンク集
サイトマップ
保育所と待機児童の問題を解説  

保育所の待機児童増加

最近はずっと少子化が叫ばれています。少子化なのに、待機児童が多いのはおかしいと思う人もいるでしょう。少子化なのに待機児童が解消されないのはいくつかの理由があります。一昔前であれば祖父母も一緒に暮らしていました。女性が働く場合、家庭で保育ができていました。しかし今は核家族化が進んでいるので、子供のいる女性が社会に出て働きたいと希望した場合、近くで子供を見てくれる人がいないので保育施設へ子供を預けることを希望します。保育施設は希望する子供をすべて受け入れるだけのスペースや能力を持ち合わせていません。容量オーバーになってしまうので、入所を断らなくてはならない状況になっているのです。

一昔前であれば結婚後に働いていても子供ができれば仕事を止める人が多くいました。しかし今は子供ができても出産後に会社に戻って働き続ける人が多くを占めています。共働き世帯が多いので、保育施設に子供を預けたい人が多くなりすぎていることも待機児童を生む要因となっています。就業率が高く、核家族化進んでいるのは地方よりも都市部です。地方では徐々に待機児童が解消しつつある地域もあるのですが、都市部の待機児童数は非常に多い状況です。そのため、このままではダメだと国も総力を挙げて対策に乗りかかっています。

保育所と待機児童  保育所の待機児童増加  保育所と保育士の不足  リンク集  サイトマップ
Copyrightc2017 保育所と待機児童の問題を解説 All Rights Reserved.